覚えておくと便利なオフィス系ソフト

効率UP!覚えておいたほうが良いエクセル術

表計算をするならエクセルで

仕事ではもちろんですが、個人的にエクセルを使っている人も多いのではないでしょうか。 家計簿をつけたり、明細をまとめたり、数字を使う多くの場面で活躍するのがエクセルです。 覚えておいて損はないソフトの代表格です。 エクセルの便利な機能や、大きな特徴である関数について確認しましょう。

一歩リード出来るプレゼンをしよう

プレゼンテーションをする事になり、どうやって資料を作ればいいか悩んだ経験はあるでしょうか。 内容をより伝える事が出来るようなやり方で説明出来たらいいですよね。 視覚的な部分で分かりやすく伝える事はとても大切です。 プレゼン資料の作成で欠かす事の出来ないパワーポイントの機能について見ていきましょう。

ワードを使って資料を作ってみよう

エクセルやワードは、マイクロソフト社が開発しているソフトウェアです。
マイクロソフトオフィスの中には、エクセル、ワード、パワーポイントなどがセットになっています。

単体での購入もできますが、年間契約で使えば新しくバージョンアップした時にも追加費用なしに対応可能です。
WindowsだけでなくMacにも対応しているので、Mac専用のオフィスを買う必要はありません。
学生であればアカデミック版といって、安価で購入出来るシステムもあるので、確認してみるといいでしょう。

エクセルやワードは、ビジネスシーンにおいては欠かせないソフトです。
書類作成や経理、企画書など様々な場面で使われています。
オフィス系のソフトを使用していない企業を探す方が難しいかもしれません。

仕事を効率化する面でも、学校でのレポートや論文作成にも使う事が出来ます。
これから社会人となる人も覚えておいて損はないソフトウェアの代表格です。

プレゼン用の資料など、多くのデータをまとめる必要がある場合にもとても便利です。
目的によってワードやエクセルを使い分けて資料の作成をしますが、エクセルで作った表をワードに反映することなども出来ます。
作りやすいソフトで作成した後に、データをまとめた資料を作る事が出来るので合理的です。

ここでは、覚えておきたい基本のエクセルを、パソコン作業が苦手な人にも分かりやすく、ワードやパワーポイントと合わせて紹介します。
使うと作業効率がぐんと上がるのを実感出来るでしょう。

資料作成に便利なソフトウェア

ワードを使う場面はとても多く、ビジネス文書以外でも連絡事項や回覧板など多岐にわたります。 社会人だけでなく、学生もワードを使ってレポートの作成などをするでしょう。 エクセルと合わせた使い方もするので、両方覚えておくと便利です。 ワードの特徴を、便利な機能と合わせて確認しましょう。