覚えておくと便利なオフィス系ソフト

効率UP!覚えておいたほうが良いエクセル術

資料作成に便利なソフトウェア

ビジネス文書の作成

ワードでは様々なデータを作る事が出来ます。
申請書や請求書など事務に関わるもの、ビジネス文書のほとんどはワードがあれば作れます。

まずは書式の設定やレイアウトなど、基本の機能を押さえましょう。
タイピングに慣れれば文書作成のスピードも早くなるので、最初はどんどん作ってみましょう。

表や図形の挿入なども簡単に出来ます。
フォントや文字サイズも好みで変更出来るので、分かりやすい書面作りが可能です。

文書の保存は、そのまま保存するのであれば上書き保存で、新しいデータをして保存する場合は名前をつけて保存にします。
こまめに保存をしておけば、万が一パソコンがフリーズしてしまった場合などにも安心なので、忘れないようにしましょう。

差し込み印刷とは

ワードの機能で便利なもののひとつに、差し込み印刷があります。
差し込み印刷を使えば宛名書きが簡単に出来ます。

手順としては、まず差し込みデータを作成します。
エクセルなどで住所や氏名などの情報をまとめたデータです。

差し込み印刷ウィザードから、印刷するラベルなどの設定をして、差し込みフィールドの挿入をします。
郵便番号マークや住所、氏名などを挿入すると、差込データが反映されるので、順に作業していきます。

差し込み印刷を使うと、大量の送付先データを簡単にラベルなどに印刷することが出来るのです。
エクセルと連動させた機能で、作業効率も格段に上がります。

最初は難しく感じるかもしれませんが、説明通りに進めれば簡単に出来るので、ラベル印刷の際には一度チャレンジするといいでしょう。