覚えておくと便利なオフィス系ソフト

効率UP!覚えておいたほうが良いエクセル術

表計算をするならエクセルで

表計算をしてみよう

エクセルを起動してみましょう。
方眼のようなマス目が表示されますが、このマス目の事をセルといいます。

データの入力は、選択しているアクティブセルに対してのみ有効です。
エクセルではこのセルにデータの数字を入力し管理していくことになります。

エクセルにはオートSUMボタンというものがあり、合計を出したい範囲の計算をしてくれる便利な機能です。
合計以外にも平均や、データの個数なども自動的に計算出来ます。
瞬時に計算が自動的に出来るところがエクセルの大きな特徴です。

罫線のスタイルを変更したり、セルに色をつけたりして、分かりやすい表を作る事ができます。
セル中の文字の揃え方も変えられるので、パッと見て分かりやすいデータにしましょう。

関数とは

エクセルを使う上で欠かせないのが関数です。
ただこの関数、ちょっと難しそうだなと敬遠してしまう人も多いのではないでしょうか。

前述したように合計を出す時に使うのをSAM関数といいいます。
これは多くの人が最も使う頻度が高い関数でしょう。

IF関数は、条件を設定して値を求める関数です。
条件による振り分けを自動でしてくれ、なおかつ2つ以上の条件も組み込む事が可能です。

他にも、平均を求めるAVERAGE関数や、最小値や最大値を求めるMIN関数、MAX関数などがあります。
作る表に合わせた関数を使えば、作業が飛躍的に楽に早くなります。
数字の間違いも無くなるので、正しい資料を作る上でもぜひ活用したい機能と言えます。